がんと診断されたら

 もしかしたらまだ疑いの段階かもしれません。でももしがんだったら…。がんになってしまったら…。
 ふりかえってみてあの時こうしていればとならないように、まずはどうしたらよいのかを一緒に考えましょう。


1 つらい気持ちを受け止めましょう

 

 2人に1人が罹患するがん。

 今までの生活を振り返ることも大切ですが、まずは今、がんに罹患したことを受け止め、これからの治療に向けて前向きになれるようにまずは現状を把握しましょう。

2 受診するときの心得

 

 ご家族と一緒に受診できればなおよいですが、無理な場合はメモやボイスレコーダーを上手に使いましょう。後からじっくり聞き直すことができます。

 

* 担当医に聞いておきたいことの例

  (国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスより)

 

3 情報を集めましょう

 

 受診した時の情報から、このサイトから、気になる情報を集めましょう。

がんの情報はたくさんありますが、信頼できるサイトのみをリンクしています。

ぜひじっくり情報を集めましょう。まずはこのページ下のリンクから見てみましょう。

4 自分らしい向き合い方を考えましょう

 

 集めた情報からこれから自分がどう治療を受けていくかを考えましょう。

治療法をきめるのはあくまで患者さんご本人です。自分らしくがんと向き合う方法を考えましょう。

5 治るまでの流れを大まかに確認しましょう

 

 *がんと診断されてから治るまでの流れとチェックポイント

 (国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスより)

6 必要な準備をしましょう

 

 治療を始めるにあたって、入院になる可能性があります。身の回りの整理や散髪、お知り合いへのお声掛け、日頃何気な行っている一つ一つを考え、どなたかにお任せする必要のあることを書き出してみてはいかがでしょうか?

 戻ってきてからの生活のことも見据えて、まずは今準備できることからはじめてみましょう。

 

 *がんと仕事のQ&A (国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスより)


病院選び

これから治療をうけるにあたって、最初に考えるべき、一番大切なところだと思います。下のボタンをクリックして一緒に考えていきましょう。

治療について

 がんの疑いが発覚してから治療して治るまで、どのような流れなの か、また、どのような治療があるのかなど、治療に関しての情報はこちらです。

 

がんの診療の流れ

 (国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスより)

がん治療のガイドライン(詳細)

 (Mindsより)

お金

 一番の心配かもしれないお金のお話し。治療以外にもいろいろかかります。下記のリンクからどのようなものにどのぐらいかかると考えればよいかを学びましょう。

 

がんを学ぶ


保険

  がんと診断されてから入れる保険などもあります。現在ご加入されているがん保険も適用範囲のがんなのか、とりあえず担当に聞いてみる必要があります。

 

はじめてのガン保険

がん保険の教科書

公的補助

 各病院には医療ソーシャルワーカーさんがいらっしゃいます。様々な公的補助について相談できます。とりあえず基本的な公的補助については下記のリンクから学びましょう。

 

がんを学ぶ

相談窓口

 本当にいろいろな心配事が出てきます。なにをどこに直接聞けばよいのか、ここから調べられます。

 

各病院の相談支援センターの連絡先
 (秋田県がん診療連携協議会より)

*がん相談支援センターを探す
 (
国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスより)

 


セカンドオピニオン

 知っているようでまだまだ知られていないセカンドオピニオン。下のボタンをクリックして、セカンドオピニオンについて学びましょう。

県外の病院

 秋田県内での治療ではなく、県外での治療を希望される場合、どこでがん診療をしているのかを調べるページです。全国各地どこにいても同じような治療が受けられるようにと国が勧めている治療(標準治療)を受けられるがん拠点病院です。

 

全国のがん拠点病院
 
(国立がん研究センターがん対策情報センターがん情報サービスより)

 

アピアランス

 がん治療の最中で、見た目がとても気になるときにぜひ参考にしていただきたいページです。秋田県内の美容室でも様々な取組がされています。

 また、メイクでのカバー方法などについての情報を得られるところもあります。

 

美容室 太郎と花子

カットサロン
ウィッグなぼうし

*メーキャップ